LPを使ってユーザーにどんなアクションを起こさせるか?

目的に合わせたランディングページ制作
 

 

企業が使うランディングページ(以下、LP)は、もちろん集客のためが
メインの使い道ですがその“集客”の内容にも色々あります。

そこで今回は、集客目的別にLPを使って
「ユーザーにアクションを起こしてもらう方法」を考えていきたいと思います。

まずは集客目的の種類です。

・アタックリスト収集
・アポイント獲得
・セミナー集客

アタックリスト収集がライトな感じで、下に行くに連れて難易度が上がってきます。

それでは1つづつ解説していきます。

アタックリスト・メールアドレス収集

アタックリスト・メールアドレス収集は、ターゲットユーザーの情報を数多く集め
その後の営業活動に活かすためのものです。

ランディングページの目的の中でも一番難易度が低い営業方法ですので
比較的取り組みやすく集めやすい方法と言えます。

獲得後の営業手法

アタックリスト・メールアドレスを集めた後は様々な営業手法が可能になります。

例えば営業マンが多い企業の場合、営業マンのアタックリストとして使えます。
また営業マンの少ない(いない)企業の場合でも、メルマガリストとして活用できれば
半自動的に「受注製造機」を作ることが出来ます。

コンテンツ内容について

ユーザーが「有効な情報だな」思えるノウハウコンテンツを入れることがポイントです。

コンテンツボリュームは比較的少ない方が良いです。
少ないコンテンツで要点を伝え、スムーズにユーザーに申し込みしてもらう流れを
作ります。

このランディングページのゴールとして最適なのは、ノウハウ・事例などの
冊子ダウンロード」や「サービス資料ダウンロード」などのライトな営業に
止めておくことです。

また申込みフォームの項目も最低限に抑えてユーザーの負担を少なくします。

フォームの項目

・メルマガ読者獲得の場合
氏名
メールアドレス

・電話などアタックリスト獲得の場合のプラス項目
会社名
電話番号

 

アポイント獲得

LPでアポイントが獲得できるようになれば、
その施策(LP制作+広告)は成功と言えるでしょう。

また頑張りすぎて様々なコンテンツを挿入してしまいがちですが、相手に情報が
伝わりやすいように
基本1テーマに絞り、ピンポイントでユーザーを獲得するのが定石です。

獲得後の営業手法

よく面談当日まで何も連絡しない営業マンがいますが、それはNGです。
当日の出たとこ勝負では他社に勝てる提案は出来ないからです。
(商談の勝負は、商談前の準備でほぼ決まってしまいます)

最低でも下記の3つは確認しておくべきでしょう。

・ターゲット属性
・現在使っている営業手法(広告)
・その営業手法の効果
・意識する競合

コンテンツ内容について

アポイント獲得の場合は、特に1テーマに絞ることが重要です。
テーマが複数ある場合は、そのテーマごとにLPを作成した方が
閲覧ユーザーに負担なく理解されやすいからです。

アタックリスト・営業メールのケースと比較しますと、コンテンツの信頼性にプラスして
情報を提供する会社自体の信頼性も含める必要があるため情報量は多めになります。

会社の信頼性を作るコンテンツとしては以下があります。

・会社実績
・会社表彰履歴
・メディア出演/掲載履歴 など

フォームの項目

氏名
メールアドレス
会社名
電話番号
住所
現在の課題(備考欄)※必須

アポイント獲得の場合、質問レベルの問い合わせが来ないように
「現在の課題(お問い合わせ内容)」はしっかり書いてもらうよう
促した方が良いです。

 

セミナー集客

2-3年前までセミナー集客より、アポイント獲得の方が難易度が高かったのですが
最近はセミナー集客の難易度が上がって、アポイント獲得の方が相対的に
難易度が低くなっています。

これはセミナーの数が飽和状態であることと、ユーザーの知恵も上がり
セミナーが選別されていることが理由に挙げられます。

獲得後の営業手法

セミナー開催時の営業手法は基本的には、その場でのクロージングが鉄則です。
「鉄は熱いうちに叩け」だからです。

参加人数が多くてその場でのクロージングが難しい場合でも、その場でアポイント
(個別面談)の日時を決めておいた方が良いでしょう。

後日営業してもほとんど反響は得られる可能性は低いと思っておいた方が良いです。

コンテンツ内容について

セミナーLPの目的は「もっと情報を知りたい!」「この講師の話を聞きたい!」と
ユーザーに思わせて、
セミナー申し込みをしてもらうことです。
ですのでセミナー内容の他にも、関連ノウハウ・事例などの情報をコンテンツに
含める必要があります。

普段からランディングページのコンテンツを調べていると
情報商材系セミナーでは、情報量が多すぎる場合が多いですが
ビジネス系セミナーでは、そんなに自社を過信して大丈夫ですか?
と思えるほど
情報が少なすぎる場合が多いです。

フォームの項目

氏名
メールアドレス
会社名
電話番号
住所
現在の課題(備考欄)※任意

セミナー集客の場合、目的は現地の会場まで足を運んでもらうことが重要ですので
(今時点で相手の状況は知る必要がない)「現在の課題(お問い合わせ内容)」

は任意項目で構いません。

 

今回は以上になります。

ご不明点などありましたらお申し付けくださいませ。

それではよろしくお願い致します。

 

 

集客目的に沿ってLP制作し、集客メールもついてる 

弊社LP制作サービスでは、目的に沿ったコンテンツ構成と
ユーザーに行動を促すセールスライティングの組み合わせで
LPを作成いたします。

もちろんデザインも重要視しており、見た目も中身も
そして更に集客メールも付いてる他社にはないサービスです。

集客メール配信が無料で付いてるLP制作サービスの
コース一覧はこちらです。
(ロゴクリックでメニューに飛びます)

関連記事

  1. ランディングページにどうやってアクセスを集めるか

    反響のないランディングページにどうやって人を集めるか?

  2. ウェブサイトのSEO対策でLPの集客効果を上げる

    ウェブサイトがグーグルから好かれる方法:サイトチューニングに…

  3. ランディングページがなくてもセミナー集客可能か

    ランディングページ無しでも集客可能なのか?