反響のないランディングページにどうやって人を集めるか?

ランディングページにどうやってアクセスを集めるか
 

ランディングページ、作ったは良いが。。


ランディングページにまつわる勘違いで最も多いのは、

デザインもキレイでコンテンツ(情報の中身)・構成も良いのになぜ反響がないのか?
ということではないでしょうか。

反響が出ないことの前提は「アクセスが少ない」です。

いかにアクセスを集めるかが、ランディングページ(以下、LP)がただのページで
終わるかどうかの分かれ道です。

ここではLPの成果に関わる真実を3つまとめたいと思います。

 

ランディングページでSEO対策は出来ない

こちらもよくある勘違いです。
よく弊社にも「LPでもSEO対策ができるようにしたい」と相談を受けますが
「LPでSEO対策は出来ない」と即答します。

厳密に言いますと、出来ないのではなく「LPだけではSEO対策は足りない」と
いうことになります。

SEO対策はサイト全体のパワーをグーグルが判断して、特定のページを特定のキーワードに対して
上位表示させるものなので、LPを1ページ追加しただけではSEO的にそれほど効果はありません。

 

反響のないランディングページにどうやって人を集めるか?

 

LPを作ってもアクセスは急には増えない

一般的にクライアント側では、LPを作成した後に「すぐに成果が出ない」ため
困惑するのではないでしょうか。
LPの成果への要望が高いと、成果がすぐに出ないことに
対して制作側への不信感も募るものだと思います。

ここでの真実は「LPをSEO対策として追加しても、アクセスは急には増えない
ということです。


もし広告などすぐに出稿できないようなら、現在のホームページからLPまでの

遷移を分かりやすくすることで、現状よりお金をかけずともLPにアクセスを
集めることにつながります。

しかし現在のホームページに元々アクセスがない場合は、何かしらのアクセス対策を
しない限りは、一生アクセスのないままかもしれません。

 

LP作成は集客対策とセットで考えておく

最終的な対策はこれに尽きます。
LP作成は集客対策とセットで考える」です。

ここでは、集客のための広告戦略を考えることと、
出稿媒体に合わせたLPコンテンツを作ることの2つ考慮すべきことが含まれています。
※しかも制作準備段階ですべきことです

出稿媒体に合わせたLPコンテンツを作ること”というのは「プッシュ型」と
「プル型」の出稿媒体では、LPコンテンツの中身が変わってくる、ということです。

「プッシュ型広告」は、まったく御社サービスの情報を探していないユーザーに向けて
出す広告です。

「ブル型広告」は、御社の持つ商品/サービスを御社の競合他社含めて、情報を収集している
ユーザーに向けて出す広告です。

この2つの行動プロセス段階の違うクライアントに対して的確な情報をLPを通して
与えてやる必要があります。

 

以上3つを前提にLP作成を進めていくことで、
作成に関わる費用や手間を無駄にせず成果を出す確率を高くすることが
できるでしょう。

 

関連記事

  1. リード獲得のためのマーケティング施策

    「リード獲得」の効果を上げるマーケティング施策について

  2. 社長向けランディングページを紹介しませんか

    社長向けランディングページを紹介しませんか?

  3. 目的に合わせたランディングページ制作

    LPを使ってユーザーにどんなアクションを起こさせるか?