薄っぺらいコピーライティングから脱却するためのリサーチ力とは?

リサーチから始まるコピーライティング:LP制作
 

文書を書くことは、慣れていないとストレスがかかる


ランディングページ作成プロセスにおいて最も時間がかかることは

ライティング作業(文章作成)ではないでしょうか。

結論になりますが、ライティング作業はプロに任せたほうがよいと言えます。

クライアント様側に専任のライティング担当がいるなら別ですが、
多くの担当が専門業務をされていて、それ以外にライティング作業に
関わることは
とてもストレスが発生するのはないかと思います。

また以下2つの理由からもプロに任せたほうが良い理由があります。
(会社の業績に影響する意味では、下記の方が深刻な問題です)

 

1.時間がかかってしまう

先ほども記載したように専任のライティング担当がいるなら良いですが、
他作業を兼任しているとどうしてもライティング作業が後回しになってしまいます。

ランディングページを作成すると決まったのであれば、早く作業に入らないと
クライアント様側にも弊社側にもモチベーション維持ということで乱れが生じます。

また遅くなればクライアント様にとって成果に影響する機会損失を
生み出すことにもなってしまいます。

 

2.自社(自分)が伝えたいことを書いてしまう

これはどこの企業様というより、専任のライティング担当がいない場合には
ほとんど当てはまるのですが、どうしても自社が伝えたい事のみを執筆してしまい
伝える相手側(閲覧する側)の欲しい情報がない、ということが他社事例では散見されています。

 

時間がかかっても良い物が出来上がれば結果的にオーケーなのですが
相手に伝わらない情報があっても成果に繋がりませんので、これは致命的なことです。

以上のことから、弊社では無料でライティング作業も対応させていただいております。

御社からいただいたヒアリングシートをもとに、競合他社に勝てる文章やキーワードを
お作り致します。

作業プロセスは以下のようになりまして、弊社作業後には必ず御社の確認が入りますので
御社の意向と離れたものは出来ないようにしております。

 

ステップ1:ヒアリングシート作成

他のコラムでも記載しましたが、弊社がクライアント様のライティング作業に
携わる場合、まずはA4で2枚程度のヒアリングシートをご記載いただきます。

このヒアリングシート作成は、クライアント様業界の状況を知るために
対応いただいておりますが、他にどのくらいランディングページについての
イメージが出来ているのかを確認させていただくため、という意味があります。

 

ステップ2:情報リサーチ

ヒアリングシートを確認させていただいた後は、弊社側でのリサーチ作業になります。
あらゆるパターンのコピーライティングを想定するために、膨大の情報を収集いたします。

【収集する情報例】
・世の中の流れ
・政府の施策
・企業向けの新しい商品/サービス
・ニュース/トピックス など

 

ステップ3:競合リサーチ

その他に、ご依頼いただいたクライアント様の競合他社についても
リサーチをすることで、比較優位性のでるキャッチコピーが作成できるよう
準備させていただきます。

 

ここまで準備する頃には、弊社でもクライアント様業界について
多くを把握している状態にあり当方
からご提案などが
出来る状態になります。

このようにクライアント様の意向に沿って、且つクライアント様の競合他社に勝てる
ライティングを提供できるよう尽力させていただいております。

 

 

閲覧者を誘導する「セールスライティング」
LPのライティングには、商品・サービスを説明するものだけでなく

「販売するための」行動心理学を使った「セールスライティング」
を活用していきます。

この「セールスライティング」が出来ない事がクライアント様側で
LPライティングをしても反響が少ない大きな理由です。

弊社では、人がどのような理由や過程で商品・サービスを購入するかを
表す行動心理学を使った「セールスライティング」を用いて
LPを執筆しているため、反響がより取れやすくなります。

セールスライティング(文章作成)込みのLP制作サービスの
コース一覧はこちらです。
(ロゴクリックでメニューに飛びます)

関連記事

  1. LPライティングは誰の意見を信じるか

    LPライティングは誰の意見を信じるか?

  2. LPのファーストビューで使う心理学

    LPのファーストビューで効果的な心理学(ハロー効果ほか)

  3. 集客用LPのキャッチコピー:3つの作成ポイント

    集客用LPのキャッチコピー:3つの作成ポイント