社長を集客するためのメール営業方法について

社長を集客するためのメール営業方法について
 

ランディングページの集客にはどんな広告手法を使っていますか?

 

ランディングページの集客方法は、リスティング広告やfacebook広告
またアドネットワークの利用が代表的なものかと思います。

そういった企業のために弊社がクライアント様の集客のために
行っている「メールDM配信サービス」の特徴についてお伝えしようと思います。

 

まずは結論ですが、「メールDM配信サービス」にはリスティング広告やfacebook広告と
比較して以下のメリットがあります。

1.競合にメール配信(の告知内容)を知られることがない
2.プッシュ型で社長の元に届けることができる
3.コストが安い

 

またデメリット(と思われている事)では以下のものがあります。

1.配信メールリストが限られている
2.会社の代表アドレスを使うため100%社長に届くとは限らない
3.プッシュ型メールのため、配信先企業が必ず御社のサービスが必要とは
  限らない

 

それではメリット・デメリットについて解説していきます。

 

メール営業のメリット

 

1.競合にメール配信を知られることがない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

営業メールはクローズドの環境で配信されますので、競合他社に
御社の広告内容を見られることがありません。
御社の営業メールを知っているのは御社と配信先企業の2社のみです。

 

2.プッシュ型で社長の元に届けることができる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは利用割合の高いリスティング広告に対して言えることですが、
メール営業のメリットは相手からの検索待ちではなく、こちらから直接相手に届ける
スタイルですので、相手に直接アプローチすることが出来ます。

また、直接届けることで競合会社と比較される割合が減ります。

 

3.コストが安い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リスティング広告やfacebook広告は業界平均のクリック単価100-200円、
高い所では1000円以上する業界もあります。

営業メールを行うには自社でシステムを持つことも可能ですが、最も安いのは
弊社のようなメール配信代行のサービスを使っていただくことです。

その場合、配信単価は5円前後(弊社の場合1円より)です。

また弊社の場合、ランディングページ制作の「ゴールデンコース」では
月間10万通の無料配信が含まれます。

 

 

メール営業のデメリット(と思われている事)

 

1.配信メールリストが限られている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リスティング広告やfacebook広告は急なトレンドが起きない限り、
月間のクリック数の平均は決まってきますが、メール営業の場合は
メールリスト数により配信数が制限されます。

例えば弊社の場合は、全国40万企業のメール数を保有しております。

(しかし実は)
メール営業の場合、同じ配信先に間隔を空けて配信しますので
1回目の配信時にはスルーされたが、2回目に配信した場合には
問い合わせをいただいた、というパターンがよくあります。

1回目の配信時に会社名やサービスを覚えておいていただき、
2回目の配信時にタイミングよく課題を解決したいと思っていた、
また情報を探していた、というパターンです。

 

2.会社の代表アドレスを使うため100%社長に届くとは限らない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

個人情報保護法によりインターネットに公開されている以外の個人の特定アドレスが
使用できないため、メール営業には公開されている代表メールアドレスを使います。

弊社の場合、その代表アドレスを使って社長へ届けるためのノウハウを所有しており
メール配信を行いますが、社長に届ける確率は100%ではありません。

(しかし実は)
これは広告を表示させる個人を特定できないリスティング広告やfacebook広告
にも同じことが言えます

 

3.プッシュ型のため、配信先企業が必ず御社のサービスが必要とは限らない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール配信のセグメントでは、業種・地域などを調整できますが
必ずしも配信先が御社サービスを必要としていない場合もあり得ます。

より多くの会社様に届けることはできますが、反響を得られるかどうかは
サービスの内容を始め、メール原稿内容や遷移先のランディングページの内容に
影響を受けます。

これは本当のメール営業のデメリットでしょう。
メール営業だけではなく「プッシュ型営業」
全てに関わるデメリットと言えます。
ただ待っているだけの「プル型営業」よりはアクティブに攻めたい企業様には
合っている営業手法と言えるでしょう。

 

上記デメリットを考慮してもメール営業によるメリットの方が
御社のプロモーション目的を達成するためには有効な場合も多いのではないでしょうか。

弊社ランディングページ制作には無料でメールDM配信サービスが
付いていますが、メールDM配信サービスだけに特化したサービスもありますので
よろしければお問合せくださいませ。

「社長さん便」サービスページ
https://houjinneigyou.co.jp/service/service02/

社長さん便

 

それではよろしくお願い致します。

 

 

関連記事

  1. ランディングページ制作:経営者

    経営者はどのようなセミナーに参加したがるのか?