ランディングページはなぜ必要なのか?

ランディングページが必要な理由(ホームページと比較)|LPの役割
 

ランディングページは、本当に必要なのか?

普段何気に見ているランディングページ(以下、LP)ですが、
「なぜ必要なのか?」を考えたことはありますでしょうか?

結論は先に言いますと、LPは必要ですし
企業にとってはメリットの方が大きいです。

ですのでメリット・デメリットを明確にした上で
中小企業のLPの有効活用方法を解説いたします。

ホームページとの比較からの検討

よく比較されるのが、今あるホームページとの比較です。

「ホームページがあるので必要ないのでは?」と一度は社内で検討される
こともあるでしょう。

ホームページ(以下、HP)と比較した上で考えてみたいと思います。

構造上の違いは、図ようのに明らかです。

HPとLPの違い

 

その他の特徴としては、以下の違いがあります。

この中で、注目すべきは「目的・役割」とそれに紐づく
「デザイン」の違いについてです。

この要素は、ランディングページを使うべき理由として
社内で共有しておく必要があります。

「目的・役割」
・自社で一番訴求したい商品/サービスの見込み客を増やす事ができる

「デザイン」
・「リスト取り」のみに特化したページの流れを作る

 

運営上からの検討

LP制作は当然、運営上の作業対効果の面からも考える必要があります。

集客方法

LPの集客方法は、制作プランの段階で決めておく必要がありますが
最適な集客方法は以下のどれかを使う事が多いです。

PPC広告、SNS広告、メール広告、HPからの誘導

運用・費用対効果

「目的・役割」の項目で自社で一番訴求したい商品・サービスと
書きましたが、追加の要素として単価が比較高いものであれば
尚良いです。

このランディングページの制作・運用にかかる費用を賄ってさらに
利益を出していく必要があるからです。

見直しが必要の場合もある

当然運用していると思うような成果が出ない場合もありますので、
その際は「修正・リニューアルを誰が担当するか」を決めておく
必要があります。

これはホームページと同じく手前のかかる部分ですが、24時間365日働いて
くれる営業マンにはメンテナンスが必要なのは当たり前でしょう。

このようにHPとの「目的・役割」の違いを明確にし、運用作業の内容と
担当を明確にしておけば、LPはあなたの会社にとって有益以外の何もの
でもないでしょう。

今回は以上になります。

 

 

運用・修正に手間の少ないワードプレス
でLP制作
 
上記のように、LPの運用・修正には手間と費用がかかりますが
ワードプレスで作成した場合、その手間と費用がかなり縮小されます。

作成後の修正方法は、当方より全てお伝えしますので
ストレスなく検証を続ける事ができるようになります。

ワードプレスでの制作コースはこちらです。
(ロゴクリックでコースに飛びます)

関連記事

  1. 顧客属性に対するランディングページのコンテンツ主旨

    顧客属性に対するランディングページのコンテンツ主旨について

  2. ランディングページの信頼性を高めて反響率を上げよう

  3. デザイン:ランディングページとホームページは何が違うのか

    ランディングページとホームページは何が違うのか?