ランディングページとホームページは何が違うのか?

デザイン:ランディングページとホームページは何が違うのか
 

用途の違い、デザイン・コンテンツの違い

ホームページ、ランディングページ、オウンドメディアなど
企業がセールスをするための媒体は年々増えていく傾向にあります。

しかしその用途・集客方法などを間違えて使ってしまうことで、
作成の努力が無駄になってしまうこともあります。

(あなたも全く更新されなくなった他社のページを
 いくつも見てきたことがあると思います)

 

そこで今回は、ホームページとランディングページを「いかにしてセールスに結びつけるか」を
論点として、それぞれの目的に沿った集客方法、反響の獲得方法について考えてみたいと思います。

 

役割の違い:イメージ

ホームページとランディングページはそれぞれ役割が明確なため、
まずはイメージを掴んでもらえればと思います。

 

デザイン:ランディングページとホームページは何が違うのか

LPとHPの比較

 

上記に基づいてメリット・デメリットを解説

 

*ホームページの目的と集客について

元々ランディングページの発祥が「ホームページはセールスに向かない」ことから
考えると、ユーザー目線で「セールス」を中心に考えるとデメリットの方が多いです。

【ホームページのデメリット】
(ユーザー目線)
・情報量が多すぎてユーザーが目的の情報を探しにくい

(企業目線)
・費用と作成期間がかかる

【ホームページのメリット】
(ユーザー目線)
・会社のことを理解しやすい

(企業目線)
・企業のどんな情報も入れることができる

 

*ランディングページの目的と集客について

ランディングページは「セールスに特化」した媒体ですので、セールス以外の
デメリットが多いのが特徴です。

【ランディングのデメリット】
(ユーザー目線)
・企業自体のことが分かりにくい

(企業目線)
・集客に費用がかかる

【ランディングページのメリット】
(ユーザー目線)
1つの商品/サービスの内容に特化しているため情報が分かりやすい

(企業目線)
・ホームページより作成期間/費用がかからない

 

このように見ていきますと「セールス」に特化した場合、
「早く始める」という商売の鉄則から考えますとランディングページの方が
有利となります。

しかし事業は継続してナンボですから、長期的な視点から考えますと
ホームページの方が有利となります。

あえて作成の順番を付けるとしたらランディングページが先、ホームページは
その次となります。
実際に広告の飛び先ページを見るとランディングページしか持っていない会社も多いのが
現実ですが、そういう会社はしばらくするとなくなっていることも多いです。

そういう意味で考えると企業のホームページは、その会社の本気度を見る
バロメーターとしても見ることが出来ます。

 

今回は以上になります。

ご不明点などありましたらご連絡くださいませ。

よろしくお願い致します。

 

関連記事

  1. ランディングページでの購買プロセスを予測しコンテンツを作成する

    ランディングページでの購買プロセスを予測しコンテンツを作成す…

  2. ユーザーを行動させるランディングページの構成

    ユーザーを行動させるランディングページの構成について

  3. 顧客属性に対するランディングページのコンテンツ主旨

    顧客属性に対するランディングページのコンテンツ主旨について