企業の新規開拓でのランディングページは必要かどうか?

新規開拓でのランディングページ:LPは必要かどうか?
 

セミナー集客でLPを作るか・HP内の個別ページで対応するか?


今回は「企業向け新規開拓」におけるランディングページの重要性についてです。

企業向け新規開拓でのWEB上での入り口になることが多い
ランディングページ(以下、LP)ですが、本当に必要かどうかを
考えていきたいと思います。

よく広告の飛び先ページとして使われている“ホームページ内の個別ページ
(HP内のお知らせページ・投稿ページなど)と
ランディングページを
比較してみようと思います。

 

例えば“セミナー集客用の告知ページ”を作るとしましょう。

既存のお客様を対象とするセミナーでしたら、ホームページ内の個別ページで
事足りるのですが、新規のお客様の場合は新たにランディングページを作るか
ホームページ内の個別ページにするか考える必要があります。

その場合の2つのページ作成パターンを【作業面】と【訴求面】から
比較してみたいと思います。

 

まずは最初に考えるであろう“ホームページ内に個別ページを作成”
のメリット・デメリットから、ランディングページの作成の是非を考えてみます。
(ランディングページは外注することを前提に記載します)

【作業面】のメリット・デメリット

 

[メリット]
・すぐに作成に取りかかれる
・作成時間が短い
・制作担当が一人で内容を決められる(ことが多い)
・費用がかからない(人件費以外の)

[デメリット]
・作業が兼任の場合、なかなか進まない

[考察]
作業面に関しては、当然ですが自社で対応するため第三者と関わらずに
進められるため、費用・スピードに関しては圧倒的に有利といえるでしょう。

 

【訴求面】のメリット・デメリット

 

[メリット]
・企業情報/事例など、信頼獲得のための情報を訴求できる
・他のサービスの告知も可能

[デメリット]
・伝えたい情報がまとまっておらず、お客様をセミナーページから離脱させてしまう
・伝えたい情報以外のページも見られるため、“課題解決に対する答え”を訴求してしまい
 セミナーに出る必要がなくなる可能性がある

・自社の言いたいことを中心に伝えてしまうため、集客のための訴求内容から
 ズレてしまうことがある
・広告ページとして出した場合、インパクトに欠ける

 

[考察]
作業面では多くのメリットをもたらす自社ページですが、“成果を出す”ことを前提とした
役割から考えますと、訴求面からはデメリットが多いことは否めないでしょう。

自社内に専属のコピーライターがいれば良いですが、大きな企業でもなかなか難しいものです。

 

結局セミナーページの場合、“ホームページ内に個別ページを作成”は
【訴求面】のデメリットが(【作業面】のメリットを打ち消し)マイナスの成果を
誘導してしまうため、新規集客に苦戦することが多くなります。

このように作業の簡単さを求めるか、成果を目指して取り組むかは
企業の方針の違いによると思いますが、成果を目指して取り組む上では
ランディングページ作成が有利といえるでしょう。

 

しかしセミナー集客用のランディングを作成する場合でも
セミナーの特徴によりランディングページが良いのか、ホームページ内の個別ページが
良いのかで別れる場合もありますので、併せて考えていただけたらと思います。

(以下は、ランディングページを作成したほうが良いケースです)

 

1. 長期間に渡り(半年以上)、定期的に開催される
  →ランディングページを作った場合は、長期的に使えるようにしたいので

2. 開催場所/日時が多すぎず、デザイン的に乱れない
  →ランディングページを作成したは良いが、開催日時・開催場所の記載が多すぎて
   コンテンツバランスが悪くなる場合がある

3. 自社ホームページに検索エンジンからの自然アクセスが少ない
  →自社ホームページに新規アクセスが多い場合、TOPページからセミナーページへの
   誘導がうまくいけば、広告を出す必要はないし、ランディングページも必要ない時もある

 

以上になります。

ご不明点などありましたらお申し付けくださいませ。

どうぞよろしくお願い致します。

 

関連記事

  1. 社長向けランディングページを紹介しませんか

    社長向けランディングページを紹介しませんか?

  2. ランディングページにどうやってアクセスを集めるか

    反響のないランディングページにどうやって人を集めるか?

  3. ランディングページがなくてもセミナー集客可能か

    ランディングページ無しでも集客可能なのか?